お問い合わせ

大学案内

情報公開

修学上の情報等

1. 教員組織、各教員が有する学位及び業績

・幼児教育学科「教員一覧」を参照

・現代ビジネス学科「教員一覧」を参照

2. 入学者に関する受入方針、入学者、収容定員、在学者数、卒業者数、就職者数

岡崎女子短期大学のアドミッションポリシー(入学者選抜の基本方針)

全学アドミッション・ポリシー(全学AP)

本学への入学者に以下の力や資質を求める。

APⅠ:人間力
  1. 現代社会で求められる基本となる教養とコミュニケーション能力の基盤を持っている。
  2. 課題を発見し対応する力と主体的に学び続ける姿勢や意欲を持っている。
APⅡ:専門力
  1. 専門分野の知識・技能・態度の獲得に必要な基礎力を持っている。
  2. 職業人に求められる責任感・使命感・倫理観を理解し、受容する姿勢を持っている。
APⅢ:地域貢献力
  1. 地域社会のニーズを把握し、自己の役割・責任を果たすことへの意欲を持っている。
  2. 地域社会の出来事に関心を持ち、貢献する意欲・姿勢がある。
(「短大で獲得する力」や「学力の3要素」と全学APの関係)
全学アドミッション・ポリシー APⅠ APⅡ APⅢ
短大で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性
幼児教育学科第一部のアドミッション・ポリシー(AP)

幼児教育学科第一部への入学者に以下の力や資質を求める。

APⅠ:人間力
  1. 高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。(①)
  2. 物事を多面的に捉え、課題を発見し、自ら多様な人々と協働して解決する基礎的能力や姿勢を持っている。(②③)
APⅡ:専門力
  1. 保育の現場で必要とされる運動、音楽、造形などに関する、基礎的な実技能力を有している。(①)
  2. 自らの経験をもとに保育に対する関心を持ち、自ら学び続ける意欲を持っている。(②③)
  3. 社会における保育の意義について気づいている。(③)
APⅢ:地域貢献力
  1. 現代社会の諸問題を把握し、自ら改善策を考える姿勢を有している。(①②)
  2. 地域社会に深い関心を持ち、貢献する意欲がある。(③)
(「学科で獲得する力」や「学力の3要素」と学科APの関係)
学科アドミッション・ポリシー APⅠ APⅡ APⅢ
学科で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性

注:学科のアドミッション・ポリシーと入学選抜試験との関係は別途提示する。

幼児教育学科第三部のアドミッション・ポリシー(AP)

幼児教育学科第三部への入学者に以下の力や資質を求める。

APⅠ:人間力
  1. 高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。(①)
  2. 物事を多面的に捉え、課題を発見し、自ら多様な人々と協働して解決する基礎的能力や姿勢を持っている。(②③)
  3. 大学の学びと就労を両立しようとする意欲を持っている。(③)
APⅡ:専門力
  1. 保育の現場で必要とされる運動、音楽、造形などに関する、基礎的な実技能力を有している。(①)
  2. 自らの経験をもとに保育に対する関心を持ち、自ら学び続ける意欲を持っている。(②③)
  3. 社会における保育の意義について気づいている。(③)
APⅢ:地域貢献力
  1. 現代社会の諸問題を把握し、自ら改善策を考える姿勢を有している。(①②)
  2. 地域社会に深い関心を持ち、貢献する意欲がある。(③)
(「学科で獲得する力」や「学力の3要素」と学科APの関係)
学科アドミッション・ポリシー APⅠ APⅡ APⅢ
学科で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性

注:学科のアドミッション・ポリシーと入学選抜試験との関係は別途提示する。

現代ビジネス学科のアドミッション・ポリシー(AP)

現代ビジネス学科への入学者に以下の力や資質を求める。

APⅠ:人間力
  1. 高等学校で履修した国語、外国語などの科目について内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。(①)
  2. 物事を多面的に捉え、課題を発見し、自ら多様な人々と協働して解決する意欲を有している。(②③)
APⅡ:専門力
  1. ビジネスの現場で必要とされる基礎学力を有している。(①)
  2. 自らの経験とビジネスを結びつけ、課題を発見することができる基礎的能力と意欲を持っている。(②)
  3. 積極的に資格取得を目指すなど自ら学び続ける意欲と、他者と協調して問題解決に取り組む意欲を持っている。(③)
APⅢ:地域貢献力
  1. 現代社会の諸問題を把握し、自らの立場から改善策を考える意欲を持っている。(①②)
  2. 地域社会に深い関心を持ち、貢献する意欲を持っている。(③)
(「学科で獲得する力」や「学力の3要素」と学科APの関係)
学科アドミッション・ポリシー APⅠ APⅡ APⅢ
学科で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性

注:学科のアドミッション・ポリシーと入学選抜試験との関係は別途提示する。

・学校法人清光学園の基本情報の本学園の概要「入学者、収容定員、在学者数」を参照

4. 学修の成果に係る評価及び卒業又は修了の認定に当たっての基準
(ディプロマポリシー)

全学ディプロマ・ポリシー(全学DP)

以下の能力を身に付けた者に対して「短期大学士」の学位を授与する。

DPⅠ:(人間力)
自由と創造の精神に基づき、人として健全でより豊かな成長を目指す力を獲得している。
  1. 伝統の学びに加え、現代社会で求められる基本となる教養とコミュニケーション能力を獲得している。
  2. 課題を発見し対応する力と主体的に学び続ける態度を獲得している。
DPⅡ:(専門力)
実践の場で活かせる専門分野の基本的な知識・技能や職業倫理を獲得している。
  1. 専門分野の知識・技能を身に付け、それを実践の場で活かせる力を獲得している。
  2. 職業人としての責任感・使命感・倫理観を獲得している。
DPⅢ:(地域貢献力)
地域社会の発展に貢献するための自己の役割・責任を認識している。
  1. 地域社会のニーズを把握し、自己の役割・責任を認識できる力を獲得している。
  2. 社会の中で自己の能力を発揮し、地域社会に貢献できる力を獲得している。
(「短大で獲得する力」や「学力の3要素」と全学DPの関係)
全学ディプロマ・ポリシー DPⅠ DPⅡ DPⅢ
短大で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性
幼児教育学科(第一部・第三部)のディプロマ・ポリシー(DP)

幼児教育学科第一部・第三部では、以下の能力を身に付けた者に対して「短期大学士(幼児教育)」の学位を授与する。

DPⅠ:(人間力)
  1. 社会で通用する教養と、自ら考え学び続ける態度を獲得している。(①②③)
  2. 保育者として他者への共感力と、学びで得た豊かな表現力、コミュニケーション力を獲得している。(②③)
DPⅡ:(専門力)
  1. 保育の専門的知識・技能を獲得し、子どもの「願い」や「夢中」を引き出す感性や表現力を獲得している。(①②)
  2. 保育者としての社会的使命、責任を理解している。(①③)
DPⅢ:(地域貢献力)
  1. 現代社会の保育ニーズの把握に努め、自身の持ちうる能力を発揮することで、多様な環境に対応できる力を獲得している。(①②③)
(「学科で獲得する力」や「学力の3要素」と学科DPの関係)
学科ディプロマ・ポリシー DPⅠ DPⅡ DPⅢ
学科で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性
現代ビジネス学科のディプロマ・ポリシー(DP)

現代ビジネス学科では、以下の能力を身に付けた者に対して「短期大学士(経営実務)」の学位を授与する。

DPⅠ:人間力
  1. 人として正しい生活を営むための基本的な教養と社会科学の知識を獲得している。(①)
  2. 職場において自らの役割を適切に判断し、優れたチームワークを発揮して成果へと繋げる能力を獲得している。(②③)
DPⅡ:専門力
  1. 企業や病院等の実務に必要な基礎知識と技術を習得している。(①)
  2. 職場および社会の環境変化に主体的に対応できる柔軟性を持ち、幅広い分野で活躍出来る能力を獲得している。(②③)
DPⅢ:地域貢献力
  1. 経済社会および企業社会の経営知識を習得している。(①)
  2. 職場や地域社会において課題を発見し、解決へと導く能力を獲得している。(②)
  3. 正しい勤労観と社会への意欲的な参画意識を獲得している。(③)
(「学科で獲得する力」や「学力の3要素」と学科DPの関係)
学科ディプロマ
・ポリシー
DPⅠ
-1
DPⅠ
-2
DPⅡ
-1
DPⅡ
-2
DPⅢ
-1
DPⅢ
-2
DPⅢ
-3
学科で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・
判断力・表現力
③主体性・
多様性・協働性

5. 学生の修学、進路選択及び心身の健康等に係る学生支援について

就職支援

最近の雇用情勢や学生の資質能力に対する社会からの要請、学生の能力、進路の多様化、ニーズに対する対応、また、卒業後の移行支援の必要性を踏まえて、進路支援体制の充実維持を図っています。具体的には、学生の社会的、職業的自立を目的に、職業指導(キャリアガイダンス)を教育課程の内外におき、また、キャリアカウンセラーも配置をしています。卒業生には求職求人をマッチングさせて紹介する就職支援システム(通称 お仕事ナビ)を活用しています。平成29年3月現在、岡崎女子短期大学卒業生の就職状況は全体で100%の就職率を誇っています。また、岡崎女子大学では、社会人の品格講座、基礎力養成講座、公務員試験講座等岡崎女子短期大学の進路支援計画と同じように1年次から実施をしてきましたので、第1回卒業生(平成29年3月卒業)の就職率100%であり、うち専門職97%(うち公立保育職は52%)の実績でありました。

「お帰りなさい岡短へ」の開催 (リカレント教育)

卒業生に対して、近況を報告しあい職業上必要な知識・技術の修得等教育機会を与えるために開催しました。(平成28年7月17日実施 参加卒業生100名)

岡崎女子短期大学就職状況

(平成29年3月31日)

学科名 就職
内定者数
就職
内定率
専門就職数 専門割合
幼児教育学科第一部 177名 100% 171名(内訳)
公立幼稚園・保育所・こども園 60
私立幼稚園・保育所・こども園 101
施設(児童福祉等) 3
嘱託・臨時等幼稚園・保育所 7
96.6%
幼児教育学科第三部 77名 100% 71名(内訳)
公立幼稚園・保育所・こども園 14
私立幼稚園・保育所・こども園 49
施設(児童福祉等) 1
嘱託・臨時等幼稚園・保育所 7
92.2%
現代ビジネス学科 56名 100% 56名(内訳)
一般企業等
100%
全体 310名 100%    
教育・研究内容の充実
① 学生支援の充実強化

・学生支援のため、学生行事活動への援助、あいさつの励行、省エネ、美化教育、出席の厳格化などを実行し、学生生活全般にわたり保護者との連携(保護者会平成年5月22日開催 出席保護者数121名)も図りながら支援指導の強化をしています。平成28年度では、大学までの通路では、「グッドモーニング・プロジェクト」として交通安全指導とともに学生、教職員の挨拶運動を展開いたしました。また、保護者と大学で組織する「教育後援会」(平成27年2月15日設立総会)を設立し、平成28年度では教育支援活動、クラブ活動支援、施設環境整備(駐輪場整備)等事業を進めました。今日の高度情報通信・IT社会に対する急激な社会変化の対応として、ソーシャルメディアの利用に関する注意にむけて特別にガイダンス等指導を実施しています。

・保健管理センター及び保健室では、最近の複雑なストレス社会のなかで増加しつつある学生の心の健康問題に対応できる心理カウンセラー(臨床心理士)を2名配置し保健相談を行い支援しています。(毎週水曜日、金曜日他相談実施)人権問題への対応についても、その相談体制について規程を踏まえて整備が図られています。学生及び教職員に対して救急対応のため「心肺蘇生法講習会(AED講習会)」を実施しています。(平成28年4月16日、4月17日、4月30日、平成29年2月26日実施)また、平成28年度では、労働安全衛生法の改正に伴うストレスチェックの実施が義務付けられたため、教職員に「職業性ストレス簡易調査票」を配付し、7月に実施をし、岡崎市医師会による「健康診断結果とストレスチェックの見方」について講演会を開催致しました。(平成28年9月21日)

・学生への安全配慮については、日常的な指導の他、特に、防犯、防災、薬物使用防止、健康管理などについて指導を行っています。また、年1回の避難訓練を防災計画により教職員、学生全員参加により実施しています。(平成28年11月2日実施)

奨学制度

(独)日本学生支援機構奨学金(一種、二種)

  25年度 26年度 27年度 28年度
岡崎女子大学 9件 33件 45件 63件
岡崎女子短期大学 206件 179件 184件 176件

岡崎女子大学・岡崎女子短期大学特待生及び特別奨学生

  27年度 28年度
大学 短大 大学 短大
特待生 9名 27名 11名 5名
特別奨学生 21名 29名 18名 22名

岡崎女子大学・岡崎女子短期大学授業料減免(応急経済支援)

短期大学1名

岡崎女子大学公務員試験対策支援奨学金

26年度 27年度 28年度
114名 155名 156名

(一財)学生サポートセンター

平成28年度学生ボランティア団体支援事業に採択 助成金10万円

国際ソロプチミスト岡崎主催

「夢を生きる賞」短期大学1名
「女子大学院生、女子大学奨学金」大学1名
「専門学校女子学生資格取得支援金」短期大学1名

(公財)大幸財団平成28年度育英学芸事業・奨学金給付

大学1名

豊田市支給奨学金(平成28年度)

大学1名

金融機関との提携教育ローン

「学費サポートプラン」による学費分割払制度
(株)オリエントコーポレーション、(株)セディナ

② 「教育の質の向上」に係る教学運営の実施策

大学力向上を目標に岡崎女子大学の開設と同時に各センターを設置し活動をしています。

・学修支援センター

アクティブ・ラーニングの充実
主体的学びの確立を求めて、アクティブ・ラーニング(能動的学修)を実施しています。

・親と子どもの発達センター

学生の実践力を育成する幼児教育プログラムの展開と、地域の子供や保護者との触れ合いを通して発達相談、育児相談を行い、学生の家庭支援力を高めることを目的として活動しています。

・実習センター

保育実習、幼稚園実習に係る実習園との連絡調整、学生への事前、事後指導、学生相談を行っています。

・情報メディアセンター

学生向けサービスの向上、設備及びシステムの老朽化、セキュリティ、情報の一元化、ICT対応等学園の情報化に対する諸課題に対応すべく、システム基盤、システムサービスの充実を図る点から、中長期計画により教育情報機器等の保守管理、学内,ネットワーク環境整備及びサーバーに関する保守の他、授業運営に関する支援を実施しています。

③ 国際交流
④ 教員免許状更新講習の実施
⑤ 保育士資格取得特例講習の実施
⑥ 高大連携事業

6. 教育上の目的に応じ学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

全学カリキュラム・ポリシー(全学CP)
1)教育課程編成方針

以下の方針に基づき、カリキュラムを編成する。

CPⅠ:
教育課程に教養科目と専門科目を置く。
CPⅡ:
基礎的・一般的学習から発展的・研究的学習へという順序性をもつ教育課程を編成する。
(「短大で獲得する力」や「学力の3要素」とカリキュラムの関係)
カリキュラム 教養科目 専門科目
短大で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性
2)教育課程実施方針

以下の方針に基づき、教育を実施する。

CPⅢ:
専門の知識・技能の修得に留まらず、自ら課題を発見し進んで実践力・応用力を高める姿勢を育てる。
CPⅣ:
各学年において学修の記録を作成するなど、学びの到達度を自己点検しうる教育を実施する。
CPⅤ:
学修成果を地域に発表・提供する等、地域とのつながりを視野に入れた教育を実施する。
幼児教育学科(第一部・第三部)のカリキュラム・ポリシー(CP)
1)教育課程編成方針

以下の方針に基づき、幼児教育学科(第一部・第三部)のカリキュラムを編成する。

CPⅠ:
(教養科目の編成方針)
教養科目に関しては、社会・地域とのつながりを理解し、保育者として必要な豊かで柔軟な人間性を育むという方針のもと、初年次教育と教養教育の観点から基礎演習、現代の暮らし・経済、言語表現力、情報リテラシー、健康・体力に関する科目を配した教育課程を編成する。
CPⅡ:
(専門科目の編成方針)
専門科目に関しては、現代の保育・教育ニーズに対応できる優れた専門職業人(保育者)を育成するために、教育・保育についての理解と子どもについての理解、保育に関する基礎知識と技能や保育実践を有機的に関連させた教育課程を編成する。
(「学科で獲得する力」や「学力の3要素」と学科カリキュラムの関係)
カリキュラム 教養科目 専門科目
学科で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性
2)教育課程実施方針

以下の方針に基づき、幼児教育学科(第一部・第三部)の教育を実施する。

CPⅢ:
教育・保育の目的を理解し、保育の対象である子どもやその保護者について理解できる保育者を養成する。(①)
CPⅣ:
上記の目的を達成できるように、具体的な教育・保育の内容や実践的な方法を理解し、習得を目指す。(①)
CPⅤ:
知識、技能の修得に留まらず、自ら課題を発見し、学んだことを基に研究を重ねることを通して、進んで保育実践力を高めていく姿勢と能力を育てる。(②③)
CPⅥ:
1年次より「ポートフォリオ」を作成し、学びの進度を自己点検し、卒業年次科目である「教職実践演習」や幼児教育祭で保育者としての専門的な学びの総括を行う。(②③)

注:「現代に求められる資質・能力」と教養・専門科目に関する到達指標との関係、および各科目と到達指標との関係については別項を参照。

現代ビジネス学科のカリキュラム・ポリシー(CP)
1)学科の教育課程編成方針

以下の方針で現代ビジネス学科の教育課程を編成する。

CPⅠ:
(教養科目の編成方針)
豊かで柔軟な人間性を育むという方針のもと、日本国憲法のほか言語表現力や情報リテラシーおよび体力を養う科目で編成する。
CPⅡ:
(専門科目の編成方針)
以下に述べる「専門基礎」、「コース科目」、「ゼミナール」、「資格対策」で編成する。
  1. 経済社会と企業活動の仕組みを理解する「専門基礎科目」。
  2. ビジネス実務の専門的知識と技術を身につける「コース科目」。
  3. 大学での学びの基礎能力を身につけ、自己の課題を探求する「ゼミナール」。
  4. 資格取得を通じて専門性を高め、就業力の向上を目指す「資格対策」。
CPⅢ:
基礎的・一般的学習から発展的・研究的学習へ、という順序性をもった科目配置とする。
(「学科で獲得する力」や「学力の3要素」と学科カリキュラムの関係)
カリキュラム 教養科目 専門科目
学科で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性
2)学科の教育課程実施方針

以下の方針で教育を実施する。

CPⅣ:
「教養科目」では、人間としての常識を、「専門基礎科目」では、ビジネス全般に共通する知識・技能を学生が重点的に身につけ、社会人に求められる基本的な能力を獲得できるような形態や内容で実施する。
CPⅤ:
「コース科目」は、学生の専門性を高められるような形態や内容で実施する。同時間開講でなければ、学生がひとつのコースのみならず複数のコースについて履修可能とする。このことで入学直後にコースを決めかねている場合でも、学生自身が自らの適性を判断可能となる。また、適性範囲の広い学生は、複数コースの「コース科目」を履修可能となる。
CPⅥ:
「ゼミナール」や各種演習科目は、学生が知識・技能を受動的に修得するだけでなく、自ら課題を発見し、解決に向けての実践力を身につけられるような形態や内容で実施する。
CPⅦ:
「資格対策」は学生が、各種検定試験等の合格や高得点を目指せるような効果的な内容で実施する。各種検定試験等の合否や得点は、学修達成度の客観的評価となるだけでなく、社会人としての自信や反省材料となる。
CPⅧ:
学生の「ポートフォリオ」への記入は、上記一連の科目の履修を通じて、学びの進度を自己点検できるように、1年次から卒業時まで半期ごとに実施する。

ページの先頭へ

ページの先頭へ