お問い合わせ

オカタンNOW!

授業紹介「子どもと言葉」

幼児教育学科第一部1年生の「子どもと言葉」では、子どもの言葉の発達や保育者として子どもの言葉を育むために、どのように関わるべきかを学んできました。
授業も最終段階に入り、絵本、紙芝居などの児童文化財の活用について、実践形式で取り組んでいます。
今回は靴下でパペットを作り、子どもたちの前で自己紹介をすることを想定して練習しました。さっきまで靴下だったものが、生き生きとした人形に様変わり。個性豊かな人形ができあがりました。
今後の実習でも、心強い相棒として活躍してもらいましょう。

授業紹介「子どもと言葉」:画像1
授業紹介「子どもと言葉」:画像2
授業紹介「子どもと言葉」:画像3

一覧へもどる

ページの先頭へ

ページの先頭へ