お問い合わせ

国際交流

海外研修プログラム

“一歩踏み込んで学びたい”。その気持ちに応えます。

帰国子女、外国人居住者の増加など、保育現場においても保育者に国際性が求められるようになっています。また、企業においても海外進出や外国人の雇用などが増え、実務者には異文化を理解できる国際感覚が求められています。このような状況に対応するため、アメリカ、韓国の大学と連携し、子ども教育学科、幼児教育学科では保育現場、現代ビジネス学科では、企業現場をそれぞれ視察・体験することができるプログラムを用意した海外研修を実施しています。

海外姉妹校

セント・マーティンズ大学
セント・マーティンズ大学
アメリカ合衆国(ワシントン州)

アメリカのワシントン州レイシー市の私立大学。120年の歴史を持ち、学生数は約1400名とコンパクトながら、きめの細かい教育に力を入れています。本学とは、25年以上の交流の歴史があります。

カトリック上智大学校
カトリック上智大学校
大韓民国(安東市)

キリスト教精神に基づいた人間教育を目的とし、幼児教育・ビジネス・社会福祉・看護などの学科を持っています。本学とは2011年度より「教育研究交流協定」を締結し、相互交流を行っています。

海外研修体験記

遊びの力を借りて、現地の人々と
心を通わせたアメリカ研修。
研修先:セント・マーティンズ大学(アメリカ・ワシントン州)
水越 日菜
幼児教育学科 第三部(3年)
愛知・松平高等学校 出身
水越 日菜
水越 日菜
幼児教育学科 第三部(3年)
愛知・松平高等学校 出身

「オカタンに入学したら必ず海外研修に行こう!」。その思いが実現したのは2年生の時。大きな期待を胸に参加しましたが、セント・マーティンズ大学の保育園では一生懸命話しかけてくれる子どもたちの言葉が聞き取れず、もどかしい気持ちに。なんとか子どもたちと距離を縮めたいと考えてひらめいたのが、鬼ごっこでした。前触れもなくはじめてしまいましたが、子どもたちはとてもよろこび、ゲームを楽しんでくれました。一緒に参加していた現地のボランティアスタッフさんとも言葉は交わさなくても、にっこりと笑顔でコミュニケーション。言葉の壁を越えたこの経験は、大きな自信となりました。

海外研修体験記

自ら行動することの大切さを学び、
韓国の学生とも仲良く。
留学先:成均館大学校成均語学院(韓国・ソウル特別市 鍾路区)
鈴木 里佳
幼児教育学科 第一部(2014年3月卒業)
愛知・碧南高等学校 出身
鈴木 里佳
鈴木 里佳
幼児教育学科 第一部(2014年3月卒業)
愛知・碧南高等学校 出身
海外研修体験記

岡崎女子短期大学の海外姉妹校であるカトリック上智大学校での研修を体験し、韓国という国に強い興味を抱くようになりました。このため韓国への留学に挑戦することにしました。留学中は韓国語の学習や、保育園・幼稚園の見学、現地の学生との交流など、盛りだくさんのプログラム。さらに、ハングルで自ら積極的に韓国の学生に話しかけ、友人もできました。頑張った成果として、「成績優秀賞」と「友情賞」をいただき、自分から行動することの大切さを学んだ、実りある留学でした。

ページの先頭へ

ページの先頭へ