お問い合わせ

現代ビジネス学科

先輩からのメッセージ

地域社会に還元できる「現代ビジネスの学び」が、
社会人としての輝きを支えています。

一般企業の事務や医療事務などを就職先として見据えて学ぶ2年間を通じて、学生たちは確かな実務能力と自身の強みとなる専門性、さらに自ら学び続ける姿勢を手にします。
産学連携の授業を通じて得た経験や取得した資格は、何ものにも代えがたい確かな自信。
地域社会に貢献できる人材として、多岐にわたる業界で活躍し続けています。

近藤 真羽

近藤 真羽
現代ビジネス学科(2年)
愛知・松平高等学校 出身

将来を見据えて学ぶのは楽しい。
社会に出ても成長し続けたい。

新社会人

勝野 菜穂

現代ビジネス学科(2018年3月卒業)
愛知・豊田東高等学校 出身
大東工業株式会社 勤務

勝野 菜穂

将来に直結する学びがしたいと思って進路先に選んだのがオカタンの現代ビジネス学科です。就職率の高さにも惹かれました。入学後、授業では電話応対の方法や事務処理の仕方を学修。どれも社会ですぐに生かせるスキルなので、勉強も意欲を持って取り組むことができました。それに先生に質問をしにいくと、ていねいに解説してくださるので、「そうか! わかった!」と知るよろこびを実感することができました。今まで勉強に対して苦手意識がありましたが、将来に役立つとわかれば、前向きに学ぶことができる。学ぶ楽しさを知った2年間でした。これからはあこがれの自動車関連企業で事務職として働きますが、最初はわからないことも多いと思います。しかし2年間で身につけた「自ら学ぶ力」を発揮して、自分らしく輝いていければと考えています。

医療事務という夢をかなえ、
将来のビジョンも手に入れた。

新社会人

伊藤 香奈

現代ビジネス学科(2018年3月卒業)
愛知・岡崎商業高等学校 出身
愛知厚生連 渥美病院 勤務

伊藤 香奈

医療事務として働きたいけれど、経理の仕事にも興味がある。そのどちらも学べると知り、現代ビジネス学科への進学を決めました。1年次の冬には、地域の病院で5日間のインターンシップを経験。受付業務を担当しましたが、単純に患者様をご案内するだけでなく、いかに滞りなく、患者様に負担を掛けずにできるか、状況を見ながら臨機応変に対応することの難しさを実感しました。この経験をゼミで発表することで、気づきを学びとして自分のものにできたように感じます。さらに、医療現場のスピード感も体感したことでもっと成長したいと思うように。その思いは「大規模な病院で働き、自分の可能性を広げたい」という将来のビジョンにもつながりました。希望がかない、多くの診療科がある病院で働きます。日々、勉強と捉え、仕事に打ち込んでいきます。

地元で活躍するための力を
徹底的に磨く、充実の2年間。

卒業生

藤田 萌

現代ビジネス学科(2016年3月卒業)
愛知・岡崎城西高等学校 出身
岡崎信用金庫 勤務

藤田 萌

地元・岡崎で働きたい、その中でも金融業界で働いてみたいと、憧れを抱いていた高校時代。オープンキャンパスで、オカタンは地域社会の声を反映させた教育プログラムが展開されていると知り、入学を決意しました。
将来を見据え、短大の2年間で特に力を入れたのが資格取得です。オカタンでは通常授業として、検定対策講座がカリキュラムに組み込まれています。そのため、週に1回の授業を通して、単位を取得しながら、合格のためにコツコツと勉強することができました。秘書技能検定や簿記検定、ファイナンシャル・プランニング技能検定など、金融業界で活用できそうな知識が得られる検定に次々とチャレンジ。しっかりと準備をしていたので、職員として働く現在、短大時代に勉強した知識をふんだんに発揮することができています。また知識の他に、資格取得に打ち込んだことで得られた力があります。それは、地道に努力を続ける力。金融機関の職員として働くには、専門知識が必要で、毎日の勉強が欠かせないのですが、知識を増やすことが楽しく、前向きに勉強することができています。地域社会で活躍するための力を磨いたオカタンでの日々を財産に、お客さまの笑顔を引き出せる職員をめざしていきます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ