オカタンBlog キャンパスライフ・新入生情報などを発信中!

全国障害者スポーツ大会“チャレンジ!おおいた大会”
2008年10月18日

10月11~13日、主に大分市と別府市で開催されました!
障害者の国体です。
愛知県選手団の卓球監督(ピンチヒッター)で同行しました。
kaijou.JPG
別府のビーコンプラザ:会場は熱気があふれていました。
選手は金メダル4個、銀メダル2個、銅メダル1個と大健闘...
惜しくもメダルに手の届かなかった選手も良い経験ができました。
お疲れ様でした。
ippanntakkyuu.JPG
一般卓球の試合の様子
STT.JPG
サウンドテーブルテニス(STT)の試合の様子
zenninn.JPG
開閉会式・陸上競技会場:九石ドームをバックにした卓球選手団
mejiron.JPG
メジロンとちゃっかり...2人で記念撮影
kaidann.JPG
階段のマスコットキャラクター:「メジロン」
benntou.JPG
毎日特別なお弁当が配給されます!
takegawara.JPG
別府の海に面したホテル近くの竹瓦温泉...宿舎のホテルも7階屋上露天風呂...眺めは最高!
毎朝6時から日の出を眺めては選手の活躍を祈って手を合わせてました(笑)。

最終日は少しだけ観光...地獄めぐりに行きました!
suirenn.JPG
海地獄で栽培されている熱帯性の蓮
takasakiyama.JPG
高崎山のサルたち:今日はC群なんと774匹!

岡崎市老人クラブ連合会の体力測定モデル事業
2008年6月10日

6月9日(月)岡崎市体育館で行われました!
市内学区のリーダー研修会も兼ねており、午後からは不肖この私が講演させて頂きました。
午前の部は、約40名の参加...学区の会長さんがほとんどだからなのか、男性ばかり...

準備運動の後...

08060907-1.JPG

文部科学省の新体力テスト:高齢者体力テストの6種目...

08060912-1.JPG

握力

08060913-1.JPG

長座位体前屈

08060910-1.JPG

開眼片脚立ち

08060908-1.JPG

30秒間上体起こし

08060911-1.JPG

10m障害物歩行

08060909-1.JPG

6分間歩行

皆さん初めての測定にしては、頑張っておいででした!
さすがにお元気な方ばかりで、感心!!

学科長のつぶやき...
2008年6月 4日

なんだか忙しい...
080605.JPG

金曜日はゼミで小体育室...車いす卓球

08060501.JPG
08060502.JPG

土曜日は名古屋で大学展...多数の高校生の皆さんアリガトウございました!

08060503.JPG

日曜日は熱田神宮で従妹の結婚式...綺麗でした!

08060504.JPG

菖蒲...綺麗でした!

08060505.JPG

紫陽花...綺麗でした!...梅雨入りです。

08060506.JPG

月曜日は1限からレクの補講で...東公園...今日から「菖蒲まつり」!!!

08060507.JPG

黄色の花菖蒲...珍しい...綺麗です!

08060508.JPG

本多博士の家もしっかりと見学

08060509.JPG

福祉の店の前にはお年を召した方たちが大勢いらっしゃって

08060510.JPG

コミュニケーション・ワーク・トレーニン・ぐぅウ!

今日はこれから来年度から始まる新カリの「教育方法の手引き」説明会で東京出張...行ってきまあ~す!

豊田市運動公園で障害者スポーツ研修会
2008年4月20日

4月20日(日)午前中は愛知県障害者スポーツ指導者協議会の研修会で、陸上競技の新種目「ジャベリックスロウ」とルール改正種目「スラローム」の勉強会(ルール講習会)がありました。
08042001.JPG

ジャベリックスロウは、やり投げの導入種目として中学生の全国大会種目にもなっているものです。
「ターボジャブ」という投擲具を用います。
投げ方はやり投げに準じます。
外観はカラフルでロケットのようで300gと軽めなのですが、投げるにはコツがいります。
上手く投げられた時は嬉しくて、思わず笑みが浮かびます。

08042002.JPG

「スラローム」競技は、車いすで30mの間に立っている旗門(赤と白の筒)の間を通ったり回ったりしながら、そのタイムを競うものです。
旗門を倒すと1本につき5秒が加算されタイムが落ちることになります。
赤い色の旗門はバックで通過しなければなりません。
もちろん電動車いすの部もあります。
08042003.JPG

新種目の導入にベテラン指導員の皆さんも真剣な表情で研修を受けていました。
午後からは全国障害者スポーツ大会の選手選考会で早速、記録会のボランティア測定員として活躍!

「レクリエーション演習」でソフトアルティメット大会
2008年4月19日

土曜日は非常勤講師の山内章裕先生が2年生の「福祉レクリエーション論」をされているので、昼食のお伴をします。
先週は「ペパーミント」、今日は「しばた」でランチでした。
そして、「岡崎げんき館」でトレーニングのお伴もしました。
今日は山内先生が何とジムでのトレーニングに続けてプールでも泳がれるとのこと...タフですね!
私は幼児教育学科第1部2年生の選択授業「レクリエーション演習」の授業です。
「ソフトアルティメット」はフライングディスク競技のアルティメット競技を柔らかいドッジビーディスクを使って室内のコート(バスケットボールのコート)で行うというものです。
一応...私が考えました。
08041900.JPG
パスを繋げていってゴールエリア内の味方にパスが通れば得点です。
5チーム対抗のリーグ戦を行いました。
08041901.JPG
ディスクがコートに落ちた時は最後に触れた人と反対のチームのディスクになります。
08041902.JPG
皆初めてやったのにすぐに真剣に集中してノリノリで試合に臨んでいました。
これがゴールシーンです。
キャッチミスは守備側のディスクとなり、エリア内からスローインで試合再開。
08041903.JPG
本日の結果...3勝1敗が3チームで、総得点によって順位を決定しました。
優勝はAクラスのRedチーム、2位がKクラス、3位がAクラスのPinkチームでした。
各試合正味7分でしたが、顔を紅潮させて良い運動になったと言う学生ばかりでした。

介護福祉士養成施設協会全国教職員研修会in名古屋
2007年10月25日

10月24~26日、メルパルク名古屋にて行われております。
全国からの教職員参加者467名で、そのうち本日行われた第2分科会には117名の参加がありました。
第2分科会は「科目間連携」を模索するというテーマで、岡短と慈恵さんの2校が担当。
分科会会場.JPG
本学からは7名の教員が担当しました。
プレゼンテーター.JPG
プレゼン5名の一人に小野、後半の司会を上田先生、介護技術担当教員からのコメント2名の一人に仲田先生が担当。
コメント.JPG
他の4名の先生は会場係を買って出ていただきました。
ストレッチ.JPG
私のプレゼンは、ストレッチから開始。
プレゼン.JPG
権先生曰く「小野先生らしいハイテクなプレゼンでした。」とのこと。
実はあまりレベルが高くないムービーだったのですが...
何はともあれ、一応の会の成功は果たせたのかな...
参加された皆様、有難うございました。お疲れ様でしたm(_ _)m

みんなおいでん!!スポーツチャレンジ2007
2007年10月 1日

刈谷市心身障害者福祉会館にお手伝いに行ってきました!
障害者スポーツ指導員のパワーアップ研修も兼ねたイベントでした。
oidenn1.JPG
様々な障害のある方々が参加してくださいました。
まずは、なんと!ボッチャのボールを手作りするところから始まります!
片麻痺のある高齢の方も大きな片方の手のひらで実に器用に作られます!
oidenn2.JPG
早速マイボールで個人戦、次にみんなでグループを作り団体戦が行われました。
oidenn3.JPG
oidenn4.JPG
このあとフライングディスク競技のアキュラシー競技という正確性を競うスポーツを体験。
oidenn5.JPG
oidenn6.JPG
やったことのある方は少なく、皆さん新鮮な体験を楽しんでおられました。
岡短4期生から「障害者スポーツ指導員(初級)」資格を卒業時に取れるように
なったので、このようなボランティア体験を、忙しい業務の合間の休日にしてもら
えると良いですよ!
仕事の現場と違った体験が、また現場に応用できたりしますし、また自分の中の
福祉の「幅(はば)」が広がります!

第3回全国ドッヂビー大会がナゴヤドームで開催されました!
2007年7月29日

公式発表はまだですが昨年・一昨年と同様に、全国から選手約2000名、一般約3000名がドームに集合し、ドッヂビー競技での熱い戦いやエキシビションでの妙技の数々を観て応援したり、アトラクションに参加したりしました!
私は自宅から歩いて15分ほどなので、健康のためウォーキングで往復。炎天下で良い汗かきました。
到着して早速バックネット裏に陣取ってグラウンド内の様子を見ていました。

20070729dodgebee.JPG

すると岡短の幼児教育学科2年生3人の姿が向こうから...向こうも気づいてビックリ!!!
アルバイトで17時間ぶっ続けだけど、バイト代は良いんだそうです。
授業で習った「ディスゲッター9」(ストラックアウトのフライングディスク版)などフリープログラムを担当していたとのこと。授業内容が活かせて良かったですね。

午後からは、障害者の部があり4チームがリーグ戦。私は実は、この真剣勝負を観に来たのです。

20070729dodgebee-shougai.JPG

昨年、兵庫県で行われた全国障害者スポーツ大会のフライングディスク競技に愛知県代表で出場し好成績を収めた選手や、今年の秋田県の大会に参加する愛知県代表の選手2名も、このドッヂビーにも参加していました。
そして、さすがに彼らの所属するチームが、リーグ優勝を飾っていました!
オメデトウゴザイマス!
最近のドッヂビーは、順手で持ちオーバーハンドで投げるアップサイドダウンスローが主流ですが、オーソドックススタイルのバックハンド・サイドスローで、皆が投げており、正々堂々の戦いでした。

東京出張
2007年5月11日

今日は全国介護福祉養成施設全国集会とその後東海北陸ブロック総会が東京霞ヶ関であり、出張でした。長~い会議のあと、国会議事堂が側にあったので見学してきました。逆光で分かりにくいかな?
gijidou.JPG

警官に「中には入れないよ!」と二人がかりで阻止されました。悔しいので柵を登って入ろうとしたら捕まりました… ってさすがに柵は登りませんでしたよ!集会ではやはり知った先生や研究仲間と会ったので今からご飯して帰ります。学校の先生の仕事はこんなこともあるんですよ~!仲田。

私が捕まえられそうになった警官?

STAIの平均値と変化量の関係
2007年4月21日

さて皆さん、ここらでSTAIのデータについて確認をしたいです。
お付き合い下さい。...というのは、これまで載せてきたグラフは、伝統的な表示方法でした。
SPSSという統計処理ソフトでなくともExcel統計で値は出ますので、それを直接示して、有意水準の基準値以下であることをお知らせする方法もありました。
また、Student tというオーソドックスな検定で、今回は多数の同一人物に対する調査であったので、標本に対応のある場合でした。
それで、簡単な表示方法をとったのです。
しかし確かに問題がある可能性は残ります。
このような場合、大雑把に平均値と標準偏差を比較するだけでは、一部の個人の値に大きな変化があったことで、他の大多数の人は変化無しにもかかわらず、グループ全体の変化量に差が出る場合もあるということです。
また逆に大きく値が上昇した人と低下した人が半々で、結果的に平均の差が出ないこともあるでしょう。
ここで、4月4日と10日の2回、1Iと1Jクラスのコミュニケーション・ゲーム前後のSTAIの変化を考えます。
次のグラフはBland&Altmanのプロット法による図です。
joutaihuann hennkaryou.bmp

横軸は前後のそれぞれの状態不安得点の平均値です。
縦軸はゲーム後の値からゲーム前の値を引いた変化量です。
-8.7点レベルの水平な実線が、平均の変化量です。
0点が変化無しを表します。1名いました。
8名の状態不安得点が少し上昇しています。
残りの44名の値が低下したことになります。
ちなみに自由度:52、t値:7.09、p値:0.0000000036でした。

4月16日に載せた2つ目のグラフのデータと同じです。
44.2点→35.5点ですね!
0.1%水準で有意に低下したというよりも、上のグラフと説明の方が分かりやすかったでしょうか?インパクトがあったかな?