オカタンBlog キャンパスライフ・新入生情報などを発信中!

新入生は元気一杯!!!
2009年4月 6日

4月1日入学式後の人間福祉学科1年Iクラス学生と教員の交流会の様子

集合写真1.bmp

4月6日第4限は新カリの「人間関係とコミュニケーション」の授業でした。その授業の最後は本学図書館裏にある桜の木々をバックに写真撮影!

集合写真2.bmp

授業終了・解散後にジャンプの瞬間を撮影しようと...

集合写真3.bmp

元気が有り余っている面々です!

新カリキュラムの特徴その2
2008年10月 5日

平成21年度より全国の介護福祉士養成校におけるカリキュラムが新しくなります!
そして、科目名称や授業内容などの自由度が増します。
すなわち、各学校の独自性を発揮できることになります!
オカタンでは、「食文化とレクリエーション」に加えて、「介護の国際化と地域化」を特色とします!

【人間福祉学科の新しいカリキュラムその2】
 人間福祉学科の新しい授業では、現場で求められる利用者の方々の生活の質の向上という視点を持ち、国際的視点に基づいた地域的活動を行うことのできるケアの専門家になることを目指します!
 単なるケアワーカーやサポーターとしての仕事内容だけでなく、当事者やご家族の願いを敏感に察知し、地域での役割をもった生活ができ、満足感や「役立ち感」が得られるように新しい生活設計を行うコーディネーターやネットワーカーとなる仕事です。
 すなわち、ファシリテーターとして、介護保険サービス利用者やその周囲の方々の楽しさや自由度を高め、やる気や生きる力を引き出すことのできる能力を身につけることができます!

【オカタンのカリキュラムのオリジナリティーその2】
 岡崎女子短期大学のカリキュラムの独自性は、他には無い「介護の国際化と地域化」という2つの専門性を高めることにあります!...
 国際化は、これからの介護福祉領域が世界に開かれていくことを意味します...韓国の新しい介護福祉制度は日本の介護保険制度をモデルにしているそうです…また、東南アジア各国の高い教養と医療・介護の専門知識をお持ちの方々(看護師など)が日本の介護福祉の人材として渡日してくださるようです…ただし絶対数は少ないし給与等の待遇面も医療職並みにしなければなりませんので、これからあまり増えて行ってくれるとは考えられません。スウェーデンやデンマーク、ドイツなどのヨーロッパ福祉先進国に学び、社会保障の充実を図ることは今後も継続しますが、これだけ急激な高齢化を体験する社会は日本が最初であり、今後の世界をリードするスタンダードになることが望まれます。
...というわけで、授業以外に「韓国研修旅行」やその報告会などを通して、国際的視野を獲得できるようになります!
 地域化は、これからの介護福祉業務内容が地域を基盤として展開することを意味します...人間福祉学科では岡崎女子短期大学のあるここ岡崎市根石小学区において、福祉委員会の方々と連携した活動を展開します!...学内の施設の中に、落ち着けるリビングルームや地域の茶の間があって、美味しい食事や団らんの場を如何に楽しんでいただけるか、また基本の生活支援技術にプラスして、自由時間や余暇時間といった日常生活の多くを占める大切な時間...この時間を如何に有意義に過ごしていただけるかを直接体験実習できる環境があります!...就職して現場に出てからも地域とのつながりを大切にして地域資源を生かせることが良い介護につながります。

【新カリキュラムの科目内容その2】
 「伝承文化論」では、利用者の方々それぞれの生活暦を把握し、アセスメントに基づく個別ケアができるように様々な伝承遊びや唱歌を学びます!...歌は五感を刺激し呼吸機能の維持向上にも効果があります!手遊びやおはじき、お手玉なども脳の活性化につながります。
 「動物介在活動」では、利用者の方々の気持ちを和ませて心を癒す大変効果のあるアクティビティであることを理論と実践で学びます。
 「障害者スポーツボランティア」では、年に数回イベントや教室、クラブサークル活動の現場を訪問し、見学や実践体験、ボランティア体験をさせていただきます。様々な障害のある元気な方々との交流によって、その皆さんから逆に、何物にも変えがたい勇気と活力を与えていただくことができます。その経験は介護実習や将来就職先の現場で必ず生かせるでしょう。

...また新カリの特徴などについて詳しくお知らせしていきたいと思います。どうぞオカタン人間福祉学科を今後ともよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

新カリキュラムの特徴
2008年9月10日

平成21年度より全国の介護福祉士養成校におけるカリキュラムが新しくなります!
そして、科目名称や授業内容などの自由度が増します。
すなわち、各学校の独自性を発揮できることになります!
オカタンでは、「食文化とレクリエーション」を特色とすることになりました!

【人間福祉学科の新しいカリキュラム】
 人間福祉学科の新しい授業では、現場で求められる利用者の方々の生活の質の向上という視点を持ち、その願いを心の窓を全開にして聞き取り、怪我や病気によって障害を負った方々であっても生活の楽しさや自由度を高め、やる気や生きる力を引き出すことのできる能力を身につけることができます!
介護福祉の仕事に誇りを持ち、毎日の変化を敏感に感じ取りながら、穏やかに安らかに、時には元気いっぱい活気あふれる生活のサポーターとして現場で活躍することを目指しています。

【オカタンのカリキュラムのオリジナリティー】
岡崎女子短期大学のカリキュラムの独自性は、他には無い「食文化とレクリエーション」の2つの専門性を高めることにあります!...食は基本的欲求の中では最も大切な営み...美味しい食事や団らんの場を如何に楽しんでいただけるか、また基本の生活支援技術にプラスして、自由時間や余暇時間といった日常生活の多くを占める大切な時間...この時間を如何に有意義に過ごしていただけるかが、良い介護につながります。生きる意欲:生きがいの創出です。

【新カリキュラムの科目内容】
「生活支援技術Ⅰ(栄養・調理)」では介護予防的視点に立ち、栄養管理や口腔ケア・えんげ機能の維持向上も踏まえた内容としてのソフト食を学び、「食文化論」・「フードコーディネート」(選択)ではレクリエーション的視点に立ち、楽しく美味しく美しい食卓を季節を通して提供することを学びます。施設でのユニットケアやグループホーム、デイケアなどにおいても、利用者の方とともに料理から食事までを楽しみながら行い、介護予防にもつなげることが、これからの介護福祉士の仕事です。また、様々なアクティビティーの実践体験を積み、すぐに現場で活かせるネタと技術と度胸が確実に身に付きます!

...また新カリの特徴などについて詳しくお知らせしていきたいと思います。どうぞオカタン人間福祉学科を今後ともよろしくお願い申し上げますm(_ _)m