オカタンBlog キャンパスライフ・新入生情報などを発信中!

「ベンチサッカー」で盛り上がりました!
2009年6月 3日

2年生の「福祉レクリエーション援助技術Ⅰ」の授業で「ベンチサッカー」をしました!
benchsoccer2.JPG

「福祉レクリエーション援助技術Ⅰ」で車いすバスケ!
2009年5月21日

水曜1限は大体育館で2年生の受講学生たちが「車いすバスケットボール」を行いました!
09052101.JPG

本日の「レクリエーション活動援助法Ⅱ」は車いすアルティメット
2008年11月12日

1年生の1限授業は小体で「車いすアルティメット」を行いました!
aruthi1.JPG

室内で狭いスペースでも行える様にドッジビーディスクを使用した「ソフトアルティメット競技」です。
車いすを操りながら5対5で行います。
aruthi3.JPG

ルールは簡単...相手守備側・味方攻撃側のゴールエリアに入った味方にパスが通れば得点です。
aruthi4.JPG

自分の守備側ゴールエリアからチームの仲間にパスを正確につなげていくことが必要になります。

すなわち、コミュニケーション(声かけやアイコンタクト)とチームワークですね...
aruthi5.JPG

ディスクが下に落ちたり横に出たりした時は、最後に触った人と反対のチームのディスクになります。
aruthi2.JPG

1チーム5人のプレイヤーと控え選手で、4チームのリーグ戦を行いましたが、4戦終わったところで4チーム共に1勝1敗の良い勝負となりました!

結果は、2勝1敗の2班と4班が同率1位、1勝2敗の1班と3班が同率3位でした。
aruthi6.JPG

学生たちから「このゲームは面白いから、授業を延長しよう」の声も上がるほど...

水風船バトル
2008年8月25日

学生からブログに投稿したいとの希望がありました!
以下は、その内容です。

8月22日、2年Jクラスの体育?は「水風船バトル」をやりました。

08082200.JPG
08082201.JPG

水をかぶっても大丈夫な服装だったり、そうじゃない服装の子も、
思いっきり投げ、投げられ、ビショビショになりました。

08082202.JPG

いつもはなかなか投げられない相手にも投げたり集中攻撃を
受けた子もいたり(笑)...と、とても楽しかったです。

08082203.JPG

日頃のストレス発散にちょうど良かったです。

08082204.JPG

もちろん、最後にはゴミ拾いをしました。
まあ、あたり前だけど、偉いですよね。(文:【じょん】通称)

...学生により企画された内容でしたが、雪合戦より面白いらしいです。
100個で500円、1個5円の水風船...全部爆発させるかと思いきや、
大事そうに持ち帰った人もチラホラ...

レク活動援助法Ⅰで車いすサッカーをしました!
2008年7月 9日

先週に引き続き小体育室にて授業を行いました。
「車いすラグビー」より少し難しい「車いすサッカー」です。
例の如く電動車椅子サッカーを参考にして、私が考えました。
08070900.JPG

5対5でゲームを行います。
08070902.JPG

足は使わず車いすごと体当たりしてボールをキックします!
08070904.JPG

ゴールシーン

運動用車いすのバンパー部分でドリブルやチェックをします。
電動車イスの場合もそうですが、大概はボールを挟んでの押し合いになります。
08070903.JPG

ボールとともに車イスごとゴーーール!
08070901.JPG

今日の結果です!
08070905.JPG
時間の関係でリーグと言いながらトーナメントになりました。

レク活動援助法Ⅰで車いすラグビーをしました!
2008年7月 2日

本当は公式バレーボール使用のところを今日は初めてという事で、バウンスボール用の柔らかいボールで行いました。
エアコンの効いた小体育室にて、5対5で整列
08070200.JPG

ルールは簡単!何でもありでスローフォワードもOKです!
08070201.JPG

ボールを持って車イスがタッチダウンラインを越えれば得点!
08070202.JPG

これも、ゴールシーン
08070203.JPG

初めてにしては白熱した試合展開で、大いに盛り上がりました!
08070206.JPG

本日の結果
08070204.JPG

STAI調査と感想書き
08070205.JPG

思っていた以上に楽しかった!...とのこと
来週の9日は「車いすサッカー」の予定です!

今日は東公園の菖蒲まつりに車いすで行きました!
2008年6月16日

先週はあいにくの雨で、今日に延期されていましたが、学生たちは楽しみにしてくれていたようです。
08061600-1.JPG
08061601-1.JPG

さすがに2年生の「福祉レクリエーション援助技術Ⅰ」の授業ともなると、地域の道行く人々や公園で行き合った高齢者や障がいのある方々とも、自然なコミュニケーションがとれるようになっていますね!
08061602-1.JPG
08061603-1.JPG

感心しました!
実習や授業の効果もあるでしょうが、福祉専門職に就く者としての自覚が生まれている様です。
ちょうど現職のワーカーさん達が、利用者の方々といらっしゃっていて、菖蒲を楽しんでおられました。
08061606-1.JPG

すると、「ジェットコースターに行きますか?」とひとりのワーカーさんが車いすに乗る利用者さんに声をかけて意志確認ののち、菖蒲園の石でできていて段差が多い桟橋の続く道を行くではありませんか!
08061604-1.JPG
08061605-1.JPG

これは段差を越えるのにキャスターアップでスリルがあるし、脱輪しそうな幅しかなくてスリルがあるし、信頼関係がお有りなんだなあ...と感心してしまいました!
08061609-1.JPG
08061610-1.JPG

そこで学生から私たちもヤル!と声が上がって...
08061611-1.JPG
08061612-1.JPG

良い勉強をさせていただきました!
現場のワーカーさんもパワフルですが、利用者さん達もチャレンジャーですよね!
08061608-1.JPG

帰りは心地よい疲れとともに...心臓破りの坂道を駆け上がり!!!
08061607-1.JPG

近い未来の介護職たちですから、人間福祉学科の学生も皆パワフルです!
また来年も...と云わず紅葉の時期に又お邪魔いたします...

愛知県クロリティー選手権大会に参加!
2008年6月 9日

昨年に引き続き、今年も豊田市の住友ゴム工業体育館にて行われた大会に事業参加しました。
人間福祉学科2年生4名と私の家族4名計8名の岡短グループです。
08060900-1.JPG

スポーツ輪投げ:クロリティーは、日本の輪投げとアメリカのホースシュー(蹄鉄)投げからヒントを得て、現日本クロリティー協会理事長の石川幸生先生が考案したニューコンセプトスポーツです。
08060902-1.JPG

金銀それぞれ10本の輪を互いに1本ずつ投げて、ターゲットボードに乗せ合います。
08060901-1.JPG

ボードには中央にリンガーと呼ばれる棒が立っていて、そこに引っ掛かれば10点が加点されます。
08060903-1.JPG

その周囲には内側から8点、6点、4点、2点のゾーンがあり、輪のかかる面積の大きいゾーンの得点が加算されます。
08060905-1.JPG

予選で岡短グループ8名中4名の選手が決勝に進みました...が、惜しくも3名は敗退。
08060906-1.JPG

3位決定戦で勝って、私の下の息子が学校の部3位となりました。
08060904-1.JPG

最後にリンガーに入れると賞品ゲットというイベントがあり、学生が1名見事にゲット!
この大会では、学生にとっては事業参加ですが、「レクリエーション実習」という科目の単位読み替えの一部ですので、イベントの運営方法の学習機会として重要です。
また愚息にとっても自信につながる大変良い機会となったようで、率先して後片付けに取り組むなど手前味噌ですが、成長を感じられ嬉しい大会となりました(...親バカです)。

「福祉レクリエーション援助技術Ⅰ」で東公園にワークに行きました!
2008年5月26日

3限で昼食後の1時半から2時半の時間帯は、東公園に行くと多くの人出が見込まれます。
特に今日のようなお天気の日は、確実に散歩率が高まります。
そこで、コミュニケーション力の向上をねらって、①まず10人の一般の方に挨拶をすることと②気の利いた会話を交わすこと、③次回の車いす介助体験実習の下見を兼ねて行ってきました。
0805260-1.JPG

園内は、来週月曜日から始まる「しょうぶ祭」の準備が進んでいました。
08052600-1.JPG

スケッチブックに鉛筆を走らせている人もいらっしゃいます。
08052601-1.JPG
08052602-1.JPG

犬の散歩にご夫婦でいらっしゃって休憩中のところに絡む学生...ワンちゃんが後ずさり...ウっ、こ、コワい...
08052603-1.JPG

アジサイもこれからどんどん色づいてきます。
08052604-1.JPG

郷土の名士「本多光太郎資料館」があり、学生2名が「こんな施設があったんだあ」と見学
08052605-1.JPG

勉強部屋?に入ると...
08052606-1.JPG

なんとロボットがあ...自動的に電源が入り、本多氏の功績を身振り手振りを交えて語り始めたあ...
08052607-1.JPG

現代の生活に欠かせない家電製品を含む多くの文明の利器に、本多氏の開発した磁性金属が役立っています。

その先は、シカの山の一番上で、裏側のところにつながっています。
丁度えさやりの時間で、飼育係りの方が角切りの野菜を投げていました。
そして何やら粉状のものを撒いて行きます。
08052608-1.JPG

最近は豆腐屋さんも捨ててしまうという「おから」です。
おやつなんだそうです...オドロキ!

今日は「デイサービスセンターおとがわ」の利用者の方々がバス2台でいらっしゃっていました。
学生たちも介護実習のときの利用者さんを思い出して、積極的に話しかけていました。
良いコミュニケーションワークができました...ありがとうございました。

レク活動援助法Ⅰでコミュニケーション・ワーク①~④
2008年5月21日

今日の3限は1年生の「レクリエーション活動援助法Ⅰ」で、前半はNHKクローズアップ現代が8年前に取り上げた、介護福祉の難しさと魅力を感じさせるビデオを見ました!
題名は「変わる!痴呆(認知症)の介護~ユニットケア~」です。
番組は、介護の現場を家庭的な環境で役割やそこに居る甲斐(居がい)を感じてもらえるようなケアがお年寄りの力を引き出し前向きに楽しく生活できるようになった事例を挙げています。
また、番組の後半は「バリデーション」:認知症の人との超コミュニケーション法を取り上げています。
認知症ケアに関する新人研修の様子では、重度の方とのコミュニケーションの在り方が問われていました。
さて実は今日は、高校の進路指導や3年生担任の先生方が本学にお越し下さって、入試説明会にご参加いただく機会を得ましたので、何と!公開授業...というか自由参観をしていただく授業でした。
でも1年生の皆は緊張することもなくいつものように授業に真面目に集中していました。
本当に今年の1年生は例年にも増して勉強熱心でやる気が溢れていますね!
学科の教員一同、感心至極です。

授業の後半は、コミュニケーション・ワークの色々第1回と題して、ワーク①から④まで行いました。

①目と耳が不自由な方同士がジャンケン...お互いに向き合って両手を差し出し、相手の左手のひらの上に自分の右手を載せて、上下に振りタイミングを合わせてグー・チョキ・パーのいずれかを出す。相手に何を出したか感じてもらえるようにすることが肝心...皆、できたようです。優秀!

②目の不自由な方にイスに座っていただく...1人が閉眼腕組み姿勢で後ろ向きで立ち、もう1人の友人が後ろにイスを置きます。この時、相手のヒザ裏(ふくらはぎあたり)にイスの座面の端を触れさせるかさせないかで、座る方の感じる印象が変わります。タッチングという介護技術です。不安か安心かの分かれ道...こうした気遣いの積み重ねが信頼関係を生むのでしょうね。
08052101.JPG

③ペンシル運び...鉛筆またはシャープペンシルの両端を2人で1本の指先だけで支え合います。そして落とさないようにイスから立ち上がって教室を1周してまた元の所に戻ってくるというタスクです。
尖った方を支える指の腹は凹んで赤くなってしまいます。反対側の人は「痛くない?」とか「大丈夫?」とか何度も聞きながら...逆に尖った方の人は、押す側に回って相手が後ろ向きに歩く場合は「危ないよ」とか「狭いよ」とか声かけをします。互いを思いやる気持ちが体験できます。
08052102.JPG
3人でやるところも...難しそぉお
08052103.JPG

④微笑みエスカレーション...にらめっこは「笑うと負けよ...あっぷっぷ」...ですが、これは向き合って、真顔から微笑み...にこにこ顔...口を閉じた笑顔...歯を見せて満面の笑み...少し声を出して笑...大きな声を上げて大笑い...というように同時にお互いにやるものです。色々とバリエーションはありますが、今回は時間の都合でお互いに同時に笑顔を交わす・笑い合うものでした。
学生の①~④の感想は、やはりコミュニケーションの難しさと楽しさ、大切さを実感したということでした。
また第2段を次週やる予定です。乞うご期待!