オカタンBlog キャンパスライフ・新入生情報などを発信中!

「子どもラウンジ・子ども図書室」の工事が進んでいます。
2008年1月29日

6号館では、「子どもラウンジ・子ども図書室」の工事が進んでいます。廊下の天井や床ができあがり、赤いトアが取り付けられました。
GProom.jpg

話は変わりますが、同じ6号館の図書館では、写真のような企画展が行われています。学生のみなさんも、今のうちに是非見て下さいね。
ribJAN.jpg

岡本伸子先生のワークショップが行われています。
2008年1月29日

1月29日と30日の2日間の予定で、幼児教育学科第一部1年生を対象に、「子どもが引きこまれる導入とは」というテーマで、岡本伸子先生のワークショップが開催されています。

GPr1.jpg
GPr3.jpg


岡本先生は、「劇団うりんこ」(名古屋)の元団員で、現在は、「ワークショップ専門企画みんなの木」の代表をされています。乳幼児の親子遊び「あれ、あれぇ?」などの構成・演出や、カナダでのコミュニケーション・ワークショップ(ユニセフ後援)を実施された他、おやこ劇場・子ども劇場・児童館・保育園などで、表現ワークショップを実施されています。
今回のワークショップは、本学の特色GP選定記念「特別講座シリーズ(3)」として、二日間にわたり、クラスごとに実施されます。

福祉フェスタが近づいて...ワクワク・ドキドキしてます!
2008年1月26日

2月9日(土)・10日(日)と本学で岡短・幼児教育祭が開催されます!
その第2日は同時開催:2月10日(日)9時から15時半までの予定で、岡短・人間福祉学科「福祉フェスタ」が開催されます!
岡短HPのトップページでフライヤー(チラシ)の詳細がご覧になれます!
入場無料ですので、皆さんお誘い合わせの上、是非お越し頂きます様にお願い申し上げますm(_ _)m
学科の全学生、スタッフ、教職員ともども首を長~くしてお待ちしております。

さて、午前中の内容は...
1.映画上映「折り梅」と原作者の小菅もと子(こすがもとこ)氏の講演
  場所は、2号館6階の2601教室にて
  上映権付きDVDによる上映となります。ちょっとスクリーンが小さくて申し訳ないです(^^)ゞ
折り梅.png
  
小菅もと子さんの「忘れても、しあわせ」は日本評論社から1998年4月に出版されました。
忘れても、しあわせ.bmp
内容(「BOOK」データベースより)
さまざまな痴呆の症状にとまどいながらも、ついには痴呆を受け入れ、理解しあうおだやかな日々へ。70年ぶりに持った絵筆で個展を開くまでになったマサ子ばあちゃんと家族の3年間を、一家の主婦がありのままにつづった介護日誌。ありのまま痴呆と向きあう。
内容(「MARC」データベースより)
さまざまな痴呆の症状にとまどいながらも痴呆を受け入れ、理解しあうおだやかな日々へ。70年ぶりに持った絵筆で個展を開くまでになったマサ子おばあちゃんと家族の3年間を、一家の主婦がありのままに綴った介護日記。

そして、角川文庫から「忘れても、しあわせ 認知症の義母と暮らして」(小菅もと子著)となって、現在ほとんどの書店で販売されています。⇒要チェック!
文庫.jpg

この実話にもとづいて松井久子監督が完成させたのが「折り梅」です!
出演は原田美枝子さんと吉行和子さんに、トミーズ雅さんも...

映画鑑賞の前でも後でもいいから、小菅もと子さんの原作も読んでみてください。
当日の9時15分から映画鑑賞に先立って、15分ほどの時間で小菅氏がお話し下さいます!
映画終了後に30分ほど、小菅氏の講演と参加者からの質問にお答え願う時間があります!

午後の福祉フェスタの内容についてはまた近いうちに...

寒さを吹きとばせ ドッジボール大会
2008年1月17日

1月16日(水)の夕方、学友会主催の「ドッジボール大会」が開催されました。
ball300a.jpg

「げんきクラブ」が子ども達のためにクリスマス会を開きました。
2008年1月 9日

「はとぽっぽ」の定期公演があった12月22日(土)には、付属第一早蕨幼稚園の講堂で、子ども達のためにクリスマス会も行われました。主催は「げんきクラブ」の学生の皆さんです。
genki360T.jpg

「はとぽっぽ」の定期公演は大成功
2008年1月 8日

本年もよろしくお願いします。
年末に行われた児童文化研究部「はとぽっぽ」の定期公演の様子をお知らせします。
hato400t.jpg

第15回学生音楽祭
2008年1月 7日

第15回学生音楽祭
SKホールにて(H19年12月5日)
1o.JPG
4o.JPG